時間
場所 料金 主催
突哨山で自然観察会と「イモ煮会」を開きます 2019年11月3日(日曜) 突哨山と身近な自然を考える会

東北のいもっこ鍋は里芋ですが、こちらはジャガイモのイモ煮です。
紅葉の時期が終わり、散策路をたどって晩秋の明るい雑木林の自然を楽しみます。
下山すると、ふもとの農家、黒川さんが栽培した新米のおにぎりやジャガイモ、片山牧場の搾りたての牛乳など・・・秋の味覚が待っています。今年も餅つきをして、つきたてを納豆やキナコ餅にしていただきます。

午前9時30〜
午後2時頃まで

カタクリ広場 500円(保険料含む) 突哨山と身近な自然を考える会
午前10時観察会出発、正午頃下山、イモ煮会
服装・持ち物:暖かな服装、山歩きに向く靴など、*はし・お椀持参。
小雨決行(雨合羽、傘など)、申し込みの必要ありません。直接おいでください。
問合せ:出羽(090-6267-6521)か塩田(0166-23-8744)
(協力) あさひかわ自然共生ネットワーク ・ 旭川市環境部     ※ 申込みお問い合わせは、各イベントの主催団体へ。


このページは「もりねっと北海道」が作成・管理しています