HOME NPO概要 スタッフ ニュース箱 お問合せ
home
あさひかわ自然イベントガイド
薪暮らしの知恵袋
ブログ
フェイスブック
催し
恵み
突哨山
ペーパン地区
東鷹栖
道づくり
森の相談
薪クラブ
きこりの知恵袋


 
 
 
 
 
北海道ガバナンス研究会
 
Supported by

 

突哨山遊歩道 閉鎖です(7月7日)

突哨山遊歩道は7月7日夕方から、ヒグマが確認されたため全山閉鎖となりました。
7日早朝、比布町側の「ぴぴの路」で歩道脇に並べた丸太を転がし、アリを食べているような姿が自動カメラに撮影されました。
体サイズは基準になる者がないので判断しづらいですが、小型でも大型でもない、「中型」と言える大きさです。
この時期、朽ち木や切り株のアリの巣を壊して採食するのはよく見られる行動です。
比布側では農地の畑作物被害で出ているそうなので、突哨山以外でも、音を立てて歩く、1人で山に入らない、川筋に近づかない、などの用心をお願いします。

写真は比布町の自動カメラによる撮影(7月7日4時43分)


薪の予約開始します 

薪の販売 早期割引き予約受付中です

日頃、「もりねっと北海道」の薪をご購入頂き心よりお礼申し上げます。
今シーズンも良質な乾燥薪をお届けできるよう、製作を開始しております。シーズン前に早めに薪の準備をされますようご予約申込みのご案内を申しあげます。
なお、8月末までの予約申込みで10月末までのお届けにつきましては、配送料(通常2000円/m3)を半額割引(1000円/m3)として予約受付を行います。

ハンドブック「森づくりとチェンソー」できました! 

森づくりといっても,どこから手をつけていいのか。
森の現在と過去を読みとり、「森の将来像」を描くところから始めます。 森が元気になる。自分が楽しい。遊べる。森が変わる。そんな森づくり。 そして、森の手入れに欠かせないチェンソーの基礎練習から伐倒、目立てまで。
森薪塾を続けてきた「NPOもりねっと」のノウハウを元に、安全に、楽しく、ゆっくり上達できる北欧スタイルのチェンソー術を解説します。

もりねっと「薪倶楽部」会員募集

揺れる炎と柔らかなぬくもり。
薪クラブは、森とつながる薪ストーブ生活をお手伝いする、「もりねっと」の普及事業です。
薪ストーブを焚いてみたいけれど、「原木が手に入らない」「自宅で割ったり積んだりしづらい」という方のために、 原木の供給と共用ヤードの設備を整えました。森林での伐採・搬出体験や技術講習会もあります。
森の手入れと薪の利用がどうつながっているのか現場で確かめ、安全で楽しい薪割りのコツ、仲間とのストーブ談義など、ご一緒にいかがですか。

〒070-8033北海道旭川市神居町雨紛380-3 TEL:0166-60-2420 / FAX:0166-60-2421  mail : ask@morinet-h.org
Copylight 2009 Shinrin Saisei Network Hokkaido All Right Reserved.home
home