HOME NPO概要 スタッフ ニュース箱 お問合せ

homeきこりの知恵袋

あさひかわ自然イベントガイド
薪暮らしの知恵袋
コドモリWEB
ブログ
フェイスブック
催し
恵み
コドモの森
突哨山
ペーパン地区
東鷹栖
道づくり
森の相談
薪クラブ
きこりの知恵袋
 


 
北海道ガバナンス研究会
 
 
 
 
 
1.ハチ防御は白いカワテ
夏の山林作業で最も恐ろしい生き物は、ヒグマでもヘビでもなく、スズメバチです。
彼らは意外に知能が高く、偵察、威嚇、集合、攻撃など、高度な技を繰り出してきます。 特にササ刈り作業の時、うっかり彼らの巣に近づいたり、刈り払ったりすると一大事。大群の襲撃を受け、刺されるとショック症状で命に関わります。
スズメバチは動く黒いものに反応し、攻撃をしてきます。巣を荒らす天敵がクマだからという説もあります。そこで森に入るときはなるべく白っぽい衣服を、というのが一つの対策なのです。
エンジン式刈り払い機を使っているとき、黒い手袋をしていると、ハンドルバーを左右に動かしている手の甲が最もハチの攻撃を受けやすくなります。
そこで、ササ刈りの時は「白い革手袋」が最もリスクが低くなるのです。軍手ではハチの針は簡単に通ってしまいます。手首まで覆うごつい革手袋。とても暑いのですが、長袖長ズボンとともに、はち被害予防には欠かせないのです。
ちなみに、刺された時のショック症状緩和には「エピペン」という自分で太ももに刺すタイプの注射薬があります。事前に医師の診断と処方を受ける必要があり、一式で3万円ほどの費用がかかります。
 
〒078-1273北海道旭川市東旭川町米原517   Tel・: 0166-76-2006/Fax::0166-76-2018  mail : ask@morinet-h.org
Copylight 2009 Shinrin Saisei Network Hokkaido All Right Reserved.home
homeきこりの知恵袋