HOME NPO概要 スタッフ ニュース箱 お問合せ

home催し

あさひかわ自然イベントガイド
薪暮らしの知恵袋
コドモリWEB
ブログ
フェイスブック
催し
恵み
コドモの森
突哨山
ペーパン地区
東鷹栖
道づくり
森の相談
薪クラブ
きこりの知恵袋
 


 
北海道ガバナンス研究会
 
 
 
自然感撮ワークショップ
2017年6月11日(日)
「森薪塾2017」塾生募集
 
「森薪塾2017」塾生募集

年5回初級・中級講座を開催します。
自らの手で木を伐り倒し薪を作る。森を知り、森を育て、森からの恵みを享受する。そんな体験をしてみませんか?

■目的 山主、または山主を目指す者が自らの手で持続可能な森づくりを行い、森の恵みを享受するための実践的な技術と森を読む知恵を伝授する。
■概要 年間6 日、12 講座を開催。午前10 時から初級、午後1 時から中級講座。チェンソーの基礎、伐倒・搬出の実技。森を読み手入れ方針を考える。薪割り、ストーブの選びかた、など。
■会場 旭川市東鷹栖「もりねっとヤード」ほか
■年会費 1万円(税込) 5日間・10講座 各講座2000円(税込)で受講できます。
■講座内容
●6月4日(日)プレスクール  チェンソー体験(八線ヤード)
午前:初めてのチェンソー 安全な持ち方、エンジン始動、玉切り、薪づくり
午後:チェンソー上達法 玉切り八手、目立て、分解整備
●7月2日(日)森を読む、チェンソー基礎(ポンヌプリ)
午前:「森を読む」:森の成り立ちや問題点を読み取り、将来像を描く。作業道があると森が見えてくる。間伐を体験し、光の効果を実感する。
午後:「人工林の間伐実務」:間伐の理論と残す木・伐る木の選び方。
安全で正確な北欧式伐倒術。掛かり木処理。実践的なチェンソー整備や目立て
●9月3日(日)間伐を極める(ポンヌプリ)
午前:選木しながら森の将来を考える:選んだ木を間伐する。
午後:やや難しい伐倒をこなす:掛かり木処理、ウインチ搬出。
●10月1日(日)巨木の森を歩こう
午前〜午後:原生に近い森を歩き、森の歴史と将来を感じる。
●11月12日(日)フィールド拝見とお手伝い
午前:メンバーの所有林を訪れ、森づくりプランを考える。
午後:森づくりのお手伝い:笹刈り、間伐、搬出の応用編
●1月21日(日)雪の中で広葉樹林の手入れ
午前:広葉樹林の手入れ基礎:選木の考え方、広葉樹伐倒、枝払い、冬芽でわかる樹種判別。ストーブ談義。
午後:広葉樹林の手入れ中級編:傾いた広葉樹の伐倒、掛かり木処理、搬出

チェンソー、安全ズボンなどは個人装備ですが、貸与についてはご相談下さい。

★お申し込み★
NPO 法人もりねっと北海道
〒078-1237 旭川市東旭川町米原517
電話:0166-76-2006・FAX76-2018/Eメール:maki@morinet-h.org

自然感撮ワークショップ〜カメラで発見!身近な自然の「フシギおもしろい」〜終了しました

ふとした瞬間、写真にうまく残せると気持ちいいですね。
近ごろのコンパクトカメラは望遠も接写もできて、野歩きのいい相棒です。
自然写真家、奥田實さんと、カメラを手に身近な自然を見つけに出かけませんか。

日時:平成29年6月11日(日) 10 : 00〜15 : 00
     ※雨天の場合は、神楽岡公園温室内での活動となります。
集合場所:旭川市科学館サイパル(旭川市宮前東) ※徒歩で神楽岡公園へ移動します。
参 加 費:一人 500円(保険料・資料代)
定員:20名(要事前申し込み、当日参加不可) 定員になり次第、締め切ります。6月5日〆切 
持ち物:SD カードに記録するコンパクトまたは一眼のデジタルカメラ
      (パソコンに撮影データを移して鑑賞します)
      動きやすい服装、運動靴、雨具、昼食、飲み物
講師:自然写真家 奥田 實 さん
主催:NPO 法人 もりねっと北海道  旭川市東旭川町米原517
TEL : 76−2006 FAX : 76−2018 / E メール: codomori@gmail.com

★ お申込みは、お名前・住所・電話・メールアドレスを記載の上、もりねっと北海道までFAX、またはメール本文に必要事項を入力して送信してください。

■この事業は、キヤノン「未来につなぐふるさとプロジェクト」2017年度協働事業です。

 
〒078-1273北海道旭川市東旭川町米原517   Tel・: 0166-76-2006/Fax::0166-76-2018  mail : ask@morinet-h.org
Copylight 2009 Shinrin Saisei Network Hokkaido All Right Reserved.home
home催し